【芸能】<乃木坂&欅坂>なぜAKBと人気逆転?AKBというビジネスモデルの終焉か

【芸能】<乃木坂&欅坂>なぜAKBと人気逆転?AKBというビジネスモデルの終焉か

133pv

  • 2017.07.31
  • lp1
  • コメント 0

1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/31(月) 20:27:14.52 ID:CAP_USER9
 11月に初の東京ドーム公演が決定するなど、現在アイドル業界でノリに乗っているのが乃木坂46。またその関連グループである欅坂46も、デビューシングルから4枚連続でオリコン週間シングルチャート1位を獲得するなど、この“坂道シリーズ”は確固たる人気を得ている。

 一方、数年前までアイドルムーブメントを牽引してきたAKB48は、世代交代が進み、一時の勢いはなくなってしまった印象だ。

 なぜこれらのアイドルグループの勢いに差がついてしまったのか。立教大学経営学部教授の有馬賢治氏にマーケティングの視点から解説してもらった。

“会いに行けるアイドル”も、もはや珍しくなく


「ある意味、栄枯盛衰は彼女たちアイドルの宿命といえます。かつては松田聖子や中森明菜が絶大な人気を博し、1990年代はモーニング娘。も社会現象となりましたが、いずれも長期にわたってトップアイドルとしての全盛期の人気を持ち続けられたわけではありません。アイドルシーンとは、市場に流通している商品でいえば、“スイーツ”にたとえられると私は思っています」(有馬氏)

 かつてのナタデココやティラミスのように、その目新しさで店舗に長蛇の列をつくるほど話題となったスイーツは数多いが、その熱も気づけば冷めているもの。一部はスーパーやコンビニに並べられて定番商品化するものもあるが、ブームでいえば一瞬のきらめきだ。それがそのまま時代ごとのアイドルにも当てはまると有馬氏。

「AKB48は、かつてのアイドルのように偶像的なキャラづくりをせず、“会いに行けるアイドル”として売り出し、様々なトピックをつくることで新たなアイドル像をつくり上げました。

また、株主総会の議決権(選抜総選挙)や支店的展開(SKE48、NMB48など)といったアイドルと株式会社システムを組み合わせた点もAKBの特徴です。

近年のヒットアイドルはBABYMETAL(アイドル+メタル)や、ももいろクローバーZ(アイドル+芸人)など、フュージョン(融合)型が増えています。

一方で、自称も含めたアイドルは地下アイドルも含めれば相当数います。アイドルという市場は、コモディティ(汎用品)化した市場に入ってきたといえるのではないでしょうか」(同)

アイドルの製品ライフサイクルは急な山

 では、乃木坂や欅坂は、AKBがつくり上げたアイドル像とはどのように違うのだろうか。

「乃木坂や欅坂は、あえて個人の個性を封印してグループとしてブランディングをしています。メンバー個々の露出よりもグループ全体としてのクオリティで勝負し、人気を見極めてから個人の写真集などで周辺需要をすくい取っているようです。

アイドルグループとしては原点回帰型のような印象を受けます。最近では“箱推し”という、グループ自体を応援するファンを指す言葉も一般的に使われるようになっていますが、こういったファン層がこの2組には多いのではないでしょうか」(同)

 確かに、総選挙などでメンバー個人同士を競わせるAKBに比べると、グループでの売り出しをメインとするのが坂道シリーズ。アイドルファンも、グループとしてブランディングしているアイドルグループに注目する層が主流になってきたということだろう。

「もちろん、今でこそ坂道シリーズが人気ですが、このような売り出し方がずっとうまくいくわけではありません。それが、ジャニーズ主導のもと、何十年も『アイドル=偶像』という図式を構築してきた男性アイドルとの違いです。

商品の市場での売上高と寿命を説明する製品ライフサイクル理論では、売り出しからピークを経て市場から消えていく様子を山型のカーブで描くのですが、男性アイドルが緩やかな山になるのに対して、女性アイドルの場合は急な山となって描かれる場合が多いです。人気が熱しやすく冷めやすいものの典型だといえるでしょう」(同)

 女性アイドルは旬の期間が決して長くはない。だからこそ、輝いているときは多くのファンの心を掴んで放さないのだろう。アイドルもひとつの商品として捉えると、その特徴は市場に出回る食品などと変わらないのかもしれない。

(解説=有馬賢治/立教大学経営学部教授、構成=A4studio

2017.07.31 ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/i/2017/07/post_20012_entry.html

写真
http://biz-journal.jp/images/post_20012_00.jpg

40: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:39:51.16 ID:DS6TpK6l0
>>1
一番問題なのは現AKBに危機感がない事、それどころかAKBの看板使ってジャニ繋がる事に一所懸命。

自分達が売れないのは秋元の推しが足りないからと努力はせず問題ばかり起こす。
総選挙が迫ると一丁前にランク気にし出す始末、努力もしないのに。
そりゃ覚えられんし、グループも下火になるわ。

所属してた筈なのに、実際は人気があった頃のAKBに自分は含まれてなかった事を今知る。
知った後に頑張る奴と腐る奴に別れるが腐る奴ばかり、今では特殊チームのチーム8に主力が負けてる不良債権状態。
 
3: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:28:59.17 ID:Hell82tJ0
坂道も初期の人気メン抜けたら終わるけどな
 
4: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:29:39.99 ID:HEbZq8M00
顔面偏差値の歴然たる差
 
29: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:37:31.29 ID:yU9wPsPJ0
AKBにはもう顔と名前が一致するメンバーがいない
 
39: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:39:46.39 ID:FF0S8e1S0
欅坂はコンセプトが厨二で気持ち悪い
乃木坂は明らかにAKBより可愛い
 
43: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:40:26.47 ID:aXoNqzQO0
乃木坂は美人界のブス
AKBはブス界の美人
 
44: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:40:41.40 ID:zkwnMx160
ビジネスモデルとかじゃなくて単に新しい方へ動くのがドルヲタ
 
46: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:41:51.17 ID:wDA7DJJ30
劇場止めて握手に特化したのが理由だろ
 
55: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:44:58.03 ID:3C76CW5+0
AKBと乃木坂じゃルックスが違い過ぎる
欅はまあルックスはAKBと同じぐらいだけどいい曲もらってるのと平手の存在感ありきって感じ
 
67: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:47:19.56 ID:RghknlTO0
CanCamモデル系の子を揃えて、女子に人気が出るようにしたのは良かったね
男ヲタだけじゃすぐ飽きられるのがよくわかったわ
 
74: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 20:50:10.12 ID:DS6TpK6l0
AKBはTV出演時に支店から補強しないととても見れる状態じゃない

本店に知名度のあるメンバーがいないのがその理由だが、組閣でシャッフルしたのも今になって効いてきてる

乃木坂もここまで来るのに何年もかかった、その間に全体が育ったし一人一人が知名度を上げた
同じだけの時間はAKB若手にもあったはず

関連記事
「16歳の超絶美少女」矢作萌夏、伝説レベルのルックスで人気爆上げ中 輝くワンピース姿披露
「16歳の超絶美少女」矢作萌夏、伝説レベルのルックスで人気爆上げ中 輝くワンピース姿披露

人気アイドルグループ・AKB48の矢作萌夏が、『Platinum FLASH vol.6』(光文社)に登場。 キュートすぎるルックスで話題を巻き起こしている超新星が、鮮烈なインパクトを放った。

西野七瀬、卒業を発表 女優の道へ「グループを離れて1人でやってみたい」
西野七瀬、卒業を発表 女優の道へ「グループを離れて1人でやってみたい」

乃木坂46の中心メンバー、西野七瀬が20日、グループの公式ブログで卒業を発表した。年内で主な活動を終了し、来年に卒業コンサートを行う予定。卒業後も芸能活動は続ける。

平手友梨奈(17)、映画脚本に衝撃の一言「つまらなかった」
平手友梨奈(17)、映画脚本に衝撃の一言「つまらなかった」

欅坂46の平手友梨奈が16日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演。映画「響-HIBIKI-」の監督に発した、衝撃のひと言が明かされた。

コメント
コメントはありません。
コメント投稿フォーム
名前:

コメント:
画像認証: CAPTCHA Image

認証画像を変更する

人気記事

ネット騒然「変態セブン」コンビニ 運営社「本日付で契約を終了しました」
 バナナマン日村勇紀、神田愛花とスピード離婚か
“リアル峰不二子”小倉優香、美バスト弾むビキニ 超絶美脚も披露
Toshlの20年ぶりメジャーリリースでひこうき雲、赤いスイートピー、糸、チキンライスなど10曲カバー
【芸能】本田翼、ゲーム実況生配信が初回から14万人超えの人気 トラブルも“神対応”で乗り切る

連載記事

VシネマでGO!
八ッ橋さい子 独占インタビュー

2018.08.06更新

八ッ橋さい子 独占インタビュー

最新Vシネマ作品をピックアップしてご紹介する好評連載企画!今回は特別版として、リリース未定の友松直之...

VシネマでGO!
堀尾実咲 独占インタビュー

2018.07.30更新

堀尾実咲 独占インタビュー

今回は妖艶な若妻の姿が刺激的な話題作『団地妻〜鍵穴の向こう側〜』に出演された堀尾実咲さんにご登場いた...

VシネマでGO!
戸田れい 独占インタビュー

2018.07.02更新

戸田れい 独占インタビュー

今回は見ごたえたっぷりのアクションシーンが楽しめる『監禁潜入捜査官』の主演・戸田れいさんにご登場いた...

VシネマでGO!
三上悠亜 独占インタビュー

2018.06.05更新

三上悠亜 独占インタビュー

今回は人気マンガを実写化、3本立ての大作となった『ネトラセラレ』の主演・三上悠亜さんにご登場いただき...

黒田運送(夜)
渋谷ドメーヌ・ド・ラ・コリーヌ【後編】

2018.04.30更新

渋谷ドメーヌ・ド・ラ・コリーヌ【後編】

俳優・黒田勇樹さんと巡るおとなの遊び場探訪記『黒田運送(夜)』。今回は渋谷の大人気ガールズワインバー...

pagetop