栄光を取り戻せないマクラーレン ホンダとの離別は必然の帰結だった

栄光を取り戻せないマクラーレン ホンダとの離別は必然の帰結だった

104pv

  • 2018.06.17
  • lp1
  • コメント 0

1: ばーど ★ 2018/06/17(日) 12:02:35.91 ID:CAP_USER9
 F1の世界で長年、問われ続けてきた疑問がある。

 それは「F1マシンにおける全体的なパフォーマンスにおいて、車体とエンジン(パワーユニット)、そしてドライバーが担う割合はどれくらいなのか?」というものだ。

 各チームがそれぞれオリジナルの車体を製作し、チームによって異なるエンジンを搭載して戦うF1では、勝敗を左右する要素として車体、エンジン、ドライバーの3つが挙げられ、その割合がそれぞれどれくらいあるのかが、常に問われてきた。

 2年前、当時フェラーリのテクニカルディレクターを務めていたジェイムズ・アリソンは、現代F1での全体的なパフォーマンスについて、次のような見解を示していた。

 「現在の状況では車体とパワーユニットがそれぞれ40%ずつで、ドライバーの力量は残りの20%にすぎないと思っている」

 F1のエンジンがパワーユニット(PU)と呼ばれるようになり、メーカー間の性能差が大きく開いたため、かつてはそれほどパフォーマンスに大きな影響を与えていなかったPUの割合が、ドライバーの力量よりも大きくなったことを表すコメントだった。

■個々の性能を足し算しても意味はない。

 だが、あるF1チームのエンジニアは、「この割合を数値化することはできないし、意味もない」と言い、こう続けた。

「例えば、現在最強と言われているのはメルセデスのパワーユニットだが、それを搭載するチームの中で勝っているのはワークスのメルセデスだけ。(メルセデスPUを使用する)ウイリアムズもフォース・インディアも、この5年間一度も勝っていないじゃないか。エンジンもパワーユニットも車体に搭載されて初めて性能を発揮する。だから、個々の性能を足し算することはできないし、意味はない」

 かつてホンダが16戦15勝というF1史上最高勝率を記録した1988年も、ホンダは15勝を挙げたマクラーレンとともに、ロータスにもエンジンを供給していた。

■ホンダ搭載時よりパフォーマンス低下?

 だが、ロータスは1勝もできなかっただけでなく、コンストラクターズ選手権で2位のフェラーリと、フォード・エンジンを搭載する3位のベネトンの後塵を拝した。これもまた、個々の性能の足し算ができないことを表す結果だった。

 今年のカナダGPも、そのことをよく表すグランプリとなった。昨年までホンダのPUを搭載し、今年はルノーに切り替えたマクラーレンが、今回もストレートスピードに苦しみ、低迷したのだ。

 F1マシンの性能が最もよく現れるのが予選でのパフォーマンスだと言われている。長丁場のレースとは違ってタイヤを労わることなく、ドライバーが思い切ったアタックを行うからだ。

 その予選で今年のマクラーレンはフェルナンド・アロンソが14位、チームメートのストフェル・バンドーンも15位に終わった。昨年、ホンダを搭載していたときの予選順位が12位(アロンソ)と16位(バンドーン)だったから、それよりもパフォーマンスは低下していたこととなる。

■「車体は最強」と喧伝していたが。

 もちろん、今年になってホンダがルノーを上回る性能になったわけではない。カナダGPではホンダもルノーも新しいスペックのPUを投入してきた。しかし、関係者の証言によれば、その差は縮まったものの、依然としてホンダは4社あるPUマニュファクチャラーの中で最後方にいるという。
※省略

■PUの性能を引き出すのが仕事であり実力。

 逆にライバル3社に後れをとっているホンダPUを搭載するトロロッソのピエール・ガスリーは、このレースで最後列からスタートしたものの、こう言ってホンダを称えた。

「今年初めてハース(フェラーリPU)とフォース・インディア(メルセデスPU)をオーバーテイクして楽しかった」

「個々の性能を足し算することはできないし、意味はない」と語ったエンジニアは、こう言う。「パワーユニットの性能を引き出すのは、チームの仕事であり、それが実力。チームがパワーユニットを批判するのは責任を外部に転嫁しているか、性能が引き出せない原因がわかっていないかのどちらかだ」

 マクラーレン・ホンダの離別は、過去の歴史を知るファンにとっては残念な結果だった。だが、マクラーレンとホンダの双方が現実を見つめるうえでは、避けては通れなかった当然の帰結だったのかもしれない。

6/17(日) 9:01
Number Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00831090-number-moto&p=1
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529204555/​





2: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:03:26.27 ID:z1xWevzj0
やはりイギリス人は陰気
 
3: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:03:52.86 ID:4dobfLWL0
ホンダが糞PUだったのも事実です
 
5: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:07:02.77 ID:9MCn97P60
GP2!GP2!
 
6: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:08:46.89 ID:vtz7yllt0
ジョン・バーナード、セナという天才のお陰。
トータル
スペックで天才揃いだったんだよ
 
8: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:08:58.28 ID:OHtcKv9P0
ホンダはミニバンメーカーやしな
 
11: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:16:44.04 ID:NOwmF9//0
>>3
どこの誰もホンダPUが素晴らしいなんて言ってない
素晴らしいって言っていたのは、自分たちの車体は素晴らしいのにホンダPUが最悪だと宣伝し続けたマクラーレン
組んでいるときにも言われていたが、結果が出た今となっては、全てホンダのせいってのは間違ってたと言われているだけ
 
12: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:17:25.27 ID:52/QpKJf0
爺さん隠居した時点終わりだろ
 
13: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:17:36.64 ID:KmPi4U4+0
現時点でコンストラクターズポイントで枕より負けてんのが糞ダサい
 
15: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:18:56.45 ID:KwIc+1iO0
今マクラーレンはスタッフと経営とで内紛状態だってよ
 
16: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:19:30.69 ID:NmncTYOi0
新PUでポイントすら取れなかったのがホンダの現実
 
18: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:22:39.72 ID:W/Y0H89/0
結局ホンダだけじゃなくマクラーレンもクソだったのが明るみになったっていう
 
19: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:23:03.43 ID:m79VUtdyO
しかしルノーはワークスが勝てずにレッドブルばっかり勝ってるな
 
20: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2018/06/17(日) 12:23:26.10 ID:UP3s2I/20
師匠が勝ったのはもう6年前かw
 
21: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:24:04.18 ID:6biWaZGX0
結局。セナプロストがいた頃が最強だったな
 
22: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:25:32.81 ID:Xs4CeSMM0
今のF1に魅力はない
一言で纏めるとこんな感じか
 
23: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:28:58.88 ID:HrkcGik20
昔は16戦15勝してたな
なんでこんなクソになった
 
24: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:32:49.23 ID:G0ghvcND0
車転がしではなく金転がしに会社乗っ取られたから
 
25: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:32:49.47 ID:LPKJGQCN0
枕は空力が最悪だもんな。
結局は空力も含めてのトータルバランス。
トロ・ロッソには、ジェームスキーがいるから。
でも、勝つのはフェラーリとメルセデスベンツ、レッドブルの3チーム。
 
26: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:33:10.43 ID:vh9EIWBF0
今のF-1のエンジンって方向性違いすぎて市販車に生かせる技術が副産物として生まれないんでしょ。そのまま生かせるのはフェラーリぐらい
 
27: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:42:05.30 ID:k/cY4Fvj0
>>1
比較するのに30年前の話とかw
 
28: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:46:31.73 ID:9RxBEKF30
赤白のマルボロツートンカラーは芸術的だったな
 
29: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:47:32.62 ID:oTTAlBdI0
ストレート遅い、低速も遅いって完璧なマシンやぞ!
 
30: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 12:48:07.34 ID:rPBDf/MU0
今のF!は全然面白くない。
アグリが全戦予備予選落ちの記録作った頃のほうが良かった。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
関連記事
2019年以降もF1日本GPが開催決定、モンツァで記者会見
2019年以降もF1日本GPが開催決定、モンツァで記者会見

モンツァ・サーキットが「日本GPに関して契約を更新したことに伴う会見を行う」というリリースを出した。

【F1】2018第11戦ドイツGP決勝の結果
【F1】2018第11戦ドイツGP決勝の結果

2018年F1第11戦ドイツGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。

「スーパーカブC125」 9月14日発売 より上質に 初代を彷彿とさせるデザイン お値段39万9600円
「スーパーカブC125」 9月14日発売 より上質に 初代を彷彿とさせるデザイン お値段39万9600円

ホンダは28日、原付二種の二輪車「スーパーカブC125」を9月14日に発売すると発表した。スーパーカブのデザインを受け継ぎながら、より上質に仕立てたパーソナルコミューターになっている。

コメント
コメントはありません。
コメント投稿フォーム
名前:

コメント:
画像認証: CAPTCHA Image

認証画像を変更する

人気記事

ネット騒然「変態セブン」コンビニ 運営社「本日付で契約を終了しました」
 バナナマン日村勇紀、神田愛花とスピード離婚か
大島美幸が右手首骨折「グニュっ」夫・鈴木おさむ氏「妻が手首を骨折しました」
“リアル峰不二子”小倉優香、美バスト弾むビキニ 超絶美脚も披露
Toshlの20年ぶりメジャーリリースでひこうき雲、赤いスイートピー、糸、チキンライスなど10曲カバー

連載記事

VシネマでGO!
八ッ橋さい子 独占インタビュー

2018.08.06更新

八ッ橋さい子 独占インタビュー

最新Vシネマ作品をピックアップしてご紹介する好評連載企画!今回は特別版として、リリース未定の友松直之...

VシネマでGO!
堀尾実咲 独占インタビュー

2018.07.30更新

堀尾実咲 独占インタビュー

今回は妖艶な若妻の姿が刺激的な話題作『団地妻〜鍵穴の向こう側〜』に出演された堀尾実咲さんにご登場いた...

VシネマでGO!
戸田れい 独占インタビュー

2018.07.02更新

戸田れい 独占インタビュー

今回は見ごたえたっぷりのアクションシーンが楽しめる『監禁潜入捜査官』の主演・戸田れいさんにご登場いた...

VシネマでGO!
三上悠亜 独占インタビュー

2018.06.05更新

三上悠亜 独占インタビュー

今回は人気マンガを実写化、3本立ての大作となった『ネトラセラレ』の主演・三上悠亜さんにご登場いただき...

黒田運送(夜)
渋谷ドメーヌ・ド・ラ・コリーヌ【後編】

2018.04.30更新

渋谷ドメーヌ・ド・ラ・コリーヌ【後編】

俳優・黒田勇樹さんと巡るおとなの遊び場探訪記『黒田運送(夜)』。今回は渋谷の大人気ガールズワインバー...

pagetop