ZOZO 前澤友作氏がプロ野球参入宣言 12球団からの拡大は可能か?

ZOZO 前澤友作氏がプロ野球参入宣言 12球団からの拡大は可能か?

125pv

  • 2018.07.27
  • ss1
  • コメント 0

1: ばーど ★ 2018/07/27(金) 19:26:18.43 ID:CAP_USER9
■前澤友作氏のプロ野球参入宣言

 ファッション通販サイトZOZOTOWNの創業者・前澤友作氏が、7月17日にツイッターを通してこう発信をした。

「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります。皆さまの意見も参考にさせてください。そこから一緒に作りましょう!」

 球団買収による参入を考えているのか、それとも「エクスパンション(球団増)」を前提とした提案なのか、具体的な方向性は明示されていない。ファン、関係者の意見を聞いて、シーズンオフに向けてプランを練っていくということなのだろう。

期待できる新興勢力による価値向上

「買収」はかなりのリアリティがある。前澤氏は千葉県出身で、ZOZOTOWNの運営企業の本社は千葉市内。地域貢献として千葉マリンスタジアムの命名権も既に取得している。17日の発信が出た時点で、「千葉ロッテマリーンズの買収」を想像した人は多かったはずだ。

 ロッテの山室晋也球団社長はすぐさま球団の売却を強く否定するコメントを出している。ただし球団の所有、売却を決めるのはそもそも大株主で、具体的にはロッテホールディングスだ。ロッテは2014年から経営権を巡る紛争が起きており、また創業一族で元代表取締役の重光昭夫氏が韓国内で収監されている。実質的な意思決定がどう行われているのかは外部から見え難く、彼らの「内心」を察することは難しい。

 とはいえ一般論として「既にブランドが確立している企業」「拡大中の新興企業」を比較するなら、球団所有による宣伝効果は後者の方が大きい。楽天、ソフトバンク、DeNAが球団経営で成功しているのを見ても、新しい発想を持つ企業の方が「球団の価値を上げられる」という期待感は強い。ZOZOTOWN(運営企業のスタートトゥデイ)によるマリーンズ買収は地域やファン、球界の利益を考えても「アリ」だ。

■プロ野球を変えた2004年の球界再編

 一方でロッテグループが球団を保有し続けることも当然「アリ」だし、そもそも12球団の枠にこだわる必要はない。北米のメジャーリーグベースボール(MLB)は1961年に16球団から18球団に拡大し、現在の30球団まで成長を続けてきた。ロブ・マンフレッド現コミッショナーはメキシコ進出、32球団への拡大を示唆しており、球団増のトレンドは今も続いている。

 日本のプロ野球(日本野球機構/NPB)は1957年に高橋ユニオンズが大映スターズに吸収合併されて以降、60年以上にわたって12球団体制が続いている。1970年代にはパ・リーグで東京オリオンズ、日拓ホームズ、西鉄ライオンズなど経営母体の変更が相次ぎ、2000年代までは「1リーグ化」「球団数削減」が現実味を持って語られていた。

 2004年6月には近鉄が球団経営からの撤退を表明し、オリックス球団と合併。また同時期にはダイエー本社の経営危機が浮上し、ホークスへの影響が危惧されていた。ここに縮小や1リーグ化を前提とした「再編」の流れは極限まで強まった。しかしファンや選手の反発は大きく、同年9月にはNPB史上初となるストライキも行われる。

 そこからの動きは急激だった。先陣を切って参入を表明したライブドアと、楽天の2社が審査を受け、11月2日の実行委員会とオーナー会議で楽天が選定される。11月末にはソフトバンクがホークスの新オーナーとして決まり、12球団が維持された。

■危機が成長の起点に

 その後のNPBの成長は率直に言って嬉しいサプライズだ。競技人口の減少、地上波中継の縮小といったネガティブなトレンドも無視できないが、球場で試合を楽しむファンははっきり増えている。楽天やソフトバンクのみならず、新しい経営主体、人材の参入が球界の体質を劇的に変えた。プロ野球は親会社を宣伝のための「コスト」という後ろ向けの位置づけから、より自立したエンターテイメントビジネスになった。

 営業や企画といった現業に携わる人間も、親会社からの出向から、スポーツビジネスの志を持った人間へと入れ替わりつつある。楽天やDeNA、ロッテといった先進的な球団でキャリアを積んだ人材がサッカーやバスケで活躍する例も今は目立つ。2004年夏の騒動は「裏金問題」も含めて野球界の危機だったが、今振り返ると再生と成長の起点となった。

 2004年以降の球界では、二つのことが証明されている。まずプロ野球にスポーツビジネスとして深化、発展する余地があったこと。もう一つは札幌、仙台といった土壌の乏しかった地域にもプロ野球は根付けるということだ。新しい土地で球団を立ち上げることは、それなりに実現性のあるチャレンジだ。

■球団増の前提は?

 もっともエクスパンションに三つの前提がある。一つは投資に前向きなオーナーがいること。二つ目は球場が確保されていること。三つ目は「既存球団から受け入れられる」ことだ。

 どの時代にも「勢いのある業種」があり、直近の20年を見るとそれはIT系の企業だった。もっと細かく見れば近年はDeNAのようなモバイルゲーム、ZOZOTOWNのような小売りサイトが急成長を遂げている。一方で日本経済を俯瞰すれば決して好調とは言えず、それだけの資本と拡大意欲を持った企業がいくつもあるわけではない。

 プロ野球は「元を取れる」ビジネスになりつつあるが、新球団創設となれば当面の投資が三ケタ億円を超える。そのようなリスクのある決断を、サラリーマン社長が下すのは難しい。創業者、中興の祖、大株主といった立ち位置の経営者がいる企業が参入候補になる。

 またエクスパンションは「偶数球団の参入」が大原則だ。例えば1リーグが7球団になると、必ず「試合を組めない」チームが発生して、日程編成が非効率になる。したがって「12→14(6球団+8球団)」もしくは「12→16(8球団+8球団)」という編成が前提だ。

■新フランチャイズ候補は?

 そういう企業があると仮定すると、次はフランチャイズの問題が大きい。日本ハムは2002年のサッカーワールドカップ用に建設された札幌ドームを活用できた。楽天は県営宮城球場の大幅な増改築で「ボールパーク」を実現した。

 12球団の本拠地以外で「それなりの規模」を持つ5球場を挙げる。
●HARD OFF ECOスタジアム新潟(新潟県立野球場)…収容30,000人
●静岡県草薙総合運動場硬式野球場…収容21,656人
●富山市民球場アルペンスタジアム…収容30,003人
●マスカットスタジアム(岡山県倉敷スポーツ公園野球場)…収容30,494人
●坊っちゃんスタジアム(松山中央公園野球場)…収容30,000人

 どの球場も改造は必須だが、一応の箱はある。率直に言って北海道、東北よりも難しいチャレンジではあるだろう。ただし「北陸」「中四国」「静岡」といった商圏に根付き、そこを深掘りできれば、球団経営が成り立つ可能性はある。直近の成功事例は地方だが、マーケットの大きさを考えれば首都圏に新球場と新球団を作る挑戦があってもいい。

■カギになるリーグ本体の体質

 最大の問題は最高議決機関オーナー会議の議決を得るために必要な「12分の9」の確保かもしれない。静岡の新球団なら中日ドラゴンズ、岡山の新球団なら広島カープのマーケットを侵食する可能性がある。「拡大によるメリットがデメリットより大きい」という状況を作り、最低9球団のOKを得る必要がある。

 さらに踏み込むと、リーグ側の改革を考えねばならない。多くの球団が時代に適応している一方で、リーグ機構の体質は旧態依然のままだ。NPBのコミッショナーは「調停者」「裁判官」であって、発展のビジョンを描き、リーダーシップを発揮する経営者ではない。経営体、意思決定体としてNPBの変革は中長期的に必要で、それが実現すればエクスパンションのような手間と労力のかかるプロジェクトも進めやすくなる。

 しかし今のプロ野球界を見ると、読売新聞、渡邉恒雄氏の意向に残りの引きずられる構図はもはやない。これからの球界はソフトバンクの孫正義オーナー、楽天の三木谷浩史オーナーといった「拡大志向の現役世代」が動かしていくのだろう。意欲のある企業とオーナーが2つ、もしくは4つ揃うという前提だが、エクスパンションの機は近づいているのかもしれない。
https://news.yahoo.co.jp/byline/oshimakazuto/20180727-00090877/
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532687178/



250: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 20:53:49.95 ID:6ElBaO5V0
確かにプロ野球球団空白域だった仙台は成功したけど
>>2に掲載されてる地域は新潟以外厳しそう
 
57: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:50:04.59 ID:De5zNfxwO
>>1
プレイオフは嫌いじゃないけれど、逆転劇があまりに多いのでアドバンテージは必要
 
129: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 20:14:50.49 ID:uNJ96PAg0
>>1
栃木東武スカイツリーズはまだですか?
 
149: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 20:20:20.89 ID:uNJ96PAg0
>>1は間違ってる

8球団から
阪急ブレーブス
南海ホークス
東映フライヤーズ
毎日オリオンズ
西鉄ライオンズ
近鉄バファローズ
高橋ユニオンズ
大映スターズ

高橋ユニオンズと大映スターズが合併で大映ユニオンズで7球団

毎日オリオンズと大映ユニオンズが合併で大毎オリオンズで6球団

あと日拓ホームズというチームは無い
東映フライヤーズが身売りして1年だけの日拓ホームフライヤーズになってそのあと日本ハムファイターズね
 
4: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:27:56.75 ID:M8MvVZEh0


 
5: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:28:44.59 ID:3nBBKAsg0
今どき野球とかアホだろこのチビ
 
7: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:31:24.16 ID:0Ba3qrse0
>>5
いやいや賢いだろ
合法的に脱税できるし100敗しようが降格なんてないしNHKでさえも連日連夜タダで企業名連呼してくれるし宣伝としてコスパ良すぎだろ
 
8: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:31:52.66 ID:ypIRfZ3T0
>>5
その今時アホなスポーツに3万4万客が集まってるんだけどな
 
66: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:52:35.25 ID:EQQFi+3p0
>>8
ハコや球団に差はあれど、年間、毎回2万~4万人×70数
試合の動員をかける興行はそうそうないわな。広告って意
味でも優秀なコンテンツ。オリエントリースなんて一般には
浸透してなかったのに、球団買ってグループ名もオリックスに
して、知名度が大幅にあがった。最近じゃ楽天もしかり。
 
68: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:52:51.45 ID:3nBBKAsg0
>>8
へえ、テレビ局からも引っ張りだこだね笑
 
123: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 20:12:42.50 ID:XDHI3D4M0
>>68
その辺はJリーグの方が酷えじゃねえか
 
404: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 21:43:57.35 ID:b/M6SGWy0
>>5
こいつが散財するなら、願ってもないだろw
 
418: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 21:47:16.97 ID:3nBBKAsg0
>>404
まあな
都内にレゴランド作ればいいのに
 
6: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:29:53.85 ID:t6voEu/80
剛力ランチパックス
 
9: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:31:54.69 ID:K/yQMsOZ0
もう首都圏に球団はいらんだろ
 
10: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:32:16.40 ID:oDrleZmE0
名門第三野球部のプロ野球編でセ・リーグだけ7球団だったし
可能じゃないの?
 
11: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:33:03.52 ID:a1DcCGee0
金でたぶらかした女性タレントをアクセサリーのように見せびらかす嫌な奴。
 
12: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:33:08.10 ID:78XLL0WO0
無理
ロッテを買え
 
13: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:33:08.93 ID:lvd6wAar0
球団名はどうするのかね?
ZOZO○○
 
14: 名無しさん@恐縮です 2018/07/27(金) 19:33:45.98 ID:dPDaPNqb0
国税庁からすれば、

例の通達が適用されるチームが増えるのはゴメンだろうねw
 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
関連記事
<これでいいのかポストシーズン>プロ野球の興行的な理由により実施..成績不振で辞任の監督が日本一の胴上げをされるかも
<これでいいのかポストシーズン>プロ野球の興行的な理由により実施..成績不振で辞任の監督が日本一の胴上げをされるかも

10月9日の試合をもって混戦だったセ・リーグの順位が確定し、クライマックス・シリーズ(CS)の出場チームが決まった。

剛力、次週の「アナザースカイ」に「ありのままが出せてるといいな」
剛力、次週の「アナザースカイ」に「ありのままが出せてるといいな」

剛力彩芽が6日夜、インスタグラムを更新し、12日に日本テレビで放送される「アナザースカイ」に出演することを報告した。

世界の人気プロスポーツリーグランキング 日本勢でトップ10入りしたのはプロ野球 、プロサッカーのJ1は28位
世界の人気プロスポーツリーグランキング 日本勢でトップ10入りしたのはプロ野球 、プロサッカーのJ1は28位

英調査会社「ユーロモニターインターナショナル」が2018年9月27日、最新の「世界のプロスポーツリーグ魅力指数」ランキングを発表した。

コメント
コメントはありません。
コメント投稿フォーム
名前:

コメント:
画像認証: CAPTCHA Image

認証画像を変更する

人気記事

市川由衣、白ビキニで小麦肌ボディ際立つ 20歳グラビア時代の水着ショット公開
橋本環奈に「太った?」と指摘、食事の態度に批判
柏木由紀「カワイイけれど大人っぽい」を体現するランジェリー姿を披露
叶美香 「ハンコック」コスプレ公開 ファンら「素晴らしい」「そのまんま」
菊地亜美がきょう夕方大阪で挙式 所属事務所認める

連載記事

VシネマでGO!
推川ゆうり 独占インタビュー

2018.10.08更新

推川ゆうり 独占インタビュー

今回は極道の妻が愛する夫の敵を討つ任侠復讐劇『二代目襲名:明日香 絡み合う愛欲と復讐』に出演された推...

アダルトカルチャー探偵団
氏神一番降臨!「キャットファイト」に行ってみた!

2018.10.02更新

氏神一番降臨!「キャットファイト」に行ってみた!

今回は9/28(金)新木場1stRINGにて行われた『CPEキャットファイト夏祭り どきッ!女だらけ...

VシネマでGO!
八ッ橋さい子 独占インタビュー

2018.08.06更新

八ッ橋さい子 独占インタビュー

最新Vシネマ作品をピックアップしてご紹介する好評連載企画!今回は特別版として、リリース未定の友松直之...

VシネマでGO!
堀尾実咲 独占インタビュー

2018.07.30更新

堀尾実咲 独占インタビュー

今回は妖艶な若妻の姿が刺激的な話題作『団地妻〜鍵穴の向こう側〜』に出演された堀尾実咲さんにご登場いた...

VシネマでGO!
戸田れい 独占インタビュー

2018.07.02更新

戸田れい 独占インタビュー

今回は見ごたえたっぷりのアクションシーンが楽しめる『監禁潜入捜査官』の主演・戸田れいさんにご登場いた...

pagetop