八ッ橋さい子 独占インタビュー

八ッ橋さい子 独占インタビュー

818pv

  • 2018.08.06
  • hotties

「VシネマでGO!」バックナンバーはコチラ

八ッ橋さい子 独占インタビュー『シザーチンP』

最新Vシネマ作品をピックアップしてご紹介する好評連載企画!今回は特別版として、リリース未定の友松直之監督最新作『シザーチンP』に出演された八ッ橋さい子さんにご登場いただきました! クラウドファンディングによって製作された話題作の撮影秘話を要チェック!
 

――待望の新作がついに完成しましたね。Twitterなどで出資を募りながら製作を進めていく様子は、日頃情報を追っている中でも新鮮に映りました。
友松「ありがとうございます。結果的に集まった総額は300万円ほど。通常のVシネマより少し多いぐらいの出資をいただくことができました。今回の作品はクラウドファンディングという性質上、出資してくださったファンのための作品という意味合いも含まれています」
 

――八ッ橋さんはこういった映画等の映像作品に出演されるのが初めてという事ですが、実際に経験してみていかがでしたか?
「撮影以外にもファンの方たちとBBQをしたりして、思い出に残っていることがたくさんありますね。予想はしていたのですが、撮影は一言でいえば「過酷」でした」
 

――めでたく友松組の洗礼を受けられたわけですね。
「一番印象に残っているのは私が殺されるシーン。台本には「街角の駐車場で」って書いてあるんですけど、着いたのは誰もいない夜の奥多摩で。秋口の寒い中大量の血のりを浴び、カラダを洗う場所もなく、タオルで拭いてそのまま帰宅したのを覚えています……」
 

――以前、三代目葵マリーさんも同じようなお話をされていましたよ(笑)。
「もともと友松監督作品のファンだったので、ある程度予想できていたのが救いですかね(苦笑)」
 
友松「以前、『レイプゾンビ』シリーズの上映会に来てくれたことがあるみたいで」

「犯罪者心理に興味があって。今回の作品も『レイプゾンビ』シリーズ同様、突き抜け方が友松監督の作品だなあという印象です」
 

――一貫したテーマが今作でも描かれていますね。
友松「もちろん犯罪はいけませんが、男性が皆少なからず持っている、レイプをしたい、痴漢をしてしまいたいという内的衝動自体を否定する必要はまったくないんだよ、と。その衝動を自覚し、「俺はこんなことを考えるなんて、最低なやつだ!」と悲観する必要はないことを引き続き作品の中で訴えています」
 

――作中では、八ッ橋さん演じるアイドルがファンに向けて「イケメン以外は生理的嫌悪感があって握手でもイヤイヤ」「言葉はいらないから金出せって感じですよ」などと言った強烈なセリフを放ちます。
友松「今回女性の出演者には、あえて男性を卑下するようなセリフを多く用意しているのですが、これらのセリフはすべて、私が実際に見聞きしたものになります」
 

――と、いう事はこれもまた真実……。
友松「普段は陰で話していることを公に発言する機会を作ってあげた、というところでしょうか」

「私はこんなこと話していないし、思ってもいません! できるだけファンの方の要望を受け入れたいという気持ちでいっぱいです」
 

――いくらセリフとは言え、アイドル活動もされていた八ツ橋さんには言いにくいだろうなあと思いました。先ほど犯罪者心理に興味がある、という話が出ましたが、実際に被害に遭われたこともあるそうで。
「中高生の頃はよく痴漢に遭っていましたね。男性の指に結婚指輪があったりすると、「この人家庭もあるのに一体何を考えているんだろう?」ってホントに不思議で。恐怖や不安を感じる一方で、なぜこんな行為に及ぶんだろうという疑問を持っていました」
 

――今作では痴漢を含め、さまざまな男女間の軋轢が描かれていますが、中でも印象に残っているシーンを教えてください。
「やはり私が殺されるシーンですね。もともと殺されてみたい、人を殺したい、その時の心理はどんなものなんだろうという興味があって、演じることで少しは分かった気がしています。今思い出してもゾクゾクするぐらい」
 

――友松監督に負けず劣らず、尖っていますね。カワイイ容姿の中に隠された狂気と言いますか……。
友松「文字に起こしたり、発言を聞いたりすると驚かれるかもしれませんが、願望や衝動を内に秘めている方はたくさんいて、それを学術的に研究されていらっしゃる方ももちろんいる。興味を抱くこと自体は全く「悪」ではないんですよ。と、いう事で話を聞いていると、次回は八ツ橋さんをメインに据えた多重人格のサイコキラーが活躍する作品を撮りたくなってきました(笑)」

――映画出演が初めての八ッ橋さんですが、監督から見てどんな女優でしたでしょうか。
友松「真面目ですよね。八ッ橋さんの持っている個性も魅力的なんですけど、ちゃんとセリフを頭に入れてきたり、現場に対する真面目さがあったのが僕としてはうれしかった。ほかの監督さんの作品にも出演して、もっと飛躍してほしいという思いです。LIVEのシーンもすごく頑張っていたし」

「LIVEのシーンは振り付けを覚えて、現場では観客の皆さんのオタ芸のレッスンもあったので、時間をかけて撮影しましたよね。殺されるシーンと同様に、印象深いシーンです」
 

――今作はVシネマとしてのリリースは未定、ですよね。
友松「はい。まずは8月に東京・大阪で行われる東京電撃映画祭で上映予定となっており、11月に行われる東京神田ファンタスティック映画祭、2019年5月にはドイツで行われる、 ハンブルグ日本映画祭でも上映が決まっています」
 

――副題に「寓話」と入っている様に、観客が納得しやすい結末が用意されているなと感じました。衝撃のハッピーエンドですよね。
友松「結末に関しては、私に娘が生まれたことが影響している気がします。幼い娘に日々接する中で、女性というのは他者を抱擁し、愛し合う性なんだなということを実感したんですよ」
 

――なるほど……友松監督の近況も如実に反映された作品というわけですね!それでは最後に、お2人から読者の方へメッセージを。
「作品が完成して、今はどんな形で観客に受け入れられるんだろうという事が一番気になっています。東京電撃映画祭には2日とも足を運ぶので直接でも構いませんし、TwitterなどでもOKなので、とにかく皆さんの感想をお聞きしたいです。ぜひ劇場に足を運んでください!」
 
友松「名作『シザーハンズ』を観て、両腕がハサミになってしまった男の悲哀に感動した方は、チンPがハサミになってしまった男の悲哀にもきっと感動できるはずです。劇場でお待ちしています!」
 

――ありがとうございました!
 

最後にお2人で記念の一枚をいただきました!

本当はエログロいイソップ寓話 兎と亀と、金・銀・鉄の包丁
シザーチンP

 

死ぬも涙、殺すも涙の寓話(ものがたり)!ファン出資による完全自主制作!
「レイプゾンビ」シリーズ、「未来世紀アマゾネス」に続き、
ヤラせない女の悪逆非道と、男女の決定的な断絶をしつこく描く!


誰にもヤラせてもらえない出刃亀太郎は、新婚初夜からセックスレス、しかも妻は不倫相手とヤリまくり。趣味の盗撮からその事実を知った亀太郎は、浮気妻を惨殺して凶器の包丁とともに山中の滝壺に遺棄。「オマエが落とした包丁は金の包丁ですか銀の包丁ですかそれとも普通の包丁ですか?」浮き上がった妻の死体に呪われて、股間に三本の包丁を生やし、ヤッた相手を図らずも一撃必殺にしてしまうシザーチンPと成り果てた亀太郎は、官憲の追及を逃れて山に篭る。おりしも連続カップル日本刀惨殺事件が発生。その重要参考人と目される亀太郎は、我が身の潔白を証明するため、真犯人のバニーガール剣士・因幡宇佐子を追う。どちらが先に真実の愛を見つけるか、兎と亀の殺し合い競争がはじまる。
 

『本当はエログロいイソップ寓話 兎と亀と、金・銀・鉄の包丁 シザーチンP
出演:範田紗々、八ッ橋さい子、しじみ、はやしれん、嶺生まや、美村伊吹、黒木歩、山村茜、川崎紀里恵、朝霧涼、西村太一、中沢健、若林美保、青山真希、三代目葵マリー
監督・脚本:友松直之/撮影・照明:石川二郎/助監督:高野平/制作・録音・編集:山口通平/美術:貝原クリス亮/CG:川村翔太/劇中イラスト:駕籠真太郎、飴屋晶貴/モーションデザイン:YUMELIGHT/スチール:本田あきら/現場スチール:SHIN/振付:百地優子/制作プロダクション:アウトサイド/製作:幻想配給社、東京電撃映画祭
【レンタル】未定【セル】未定

『シザーチンP』上映情報

●東京ユーロライブ
渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2F
開催日時:2018年8月17日(金)
17:30開場 18:00~19:45
「おとな鉄ドン シャバダバ無法地帯」
20:00入替 20:15~22:00
「本当はエログロいイソップ寓話~兎と亀と、金・銀・鉄の包丁~シザーチンP」
入場料金(当日券のみ):2000円(入替制)通し券3000円
問合わせ:09096840987(友松)
 
●大阪シアターセブン
大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5F
開催日時:2018年8月18日(土)
15:30開場 16:00~17:30
「青春夜話~Amazing Place」
※監督自身による解説付きオーディオコメンタリー上映
17:45入替 18:00~19:30
「本当はエログロいイソップ寓話~兎と亀と、金・銀・鉄の包丁~シザーチンP」
19:45入替 20:00~22:00
「おとな鉄ドン シャバダバ無法地帯」
入場料金:各2000円(入替制)通し券3500円(1ドリンク500円別)
※通し券のみ予約受付3000円
電話予約:06-4862-7733
メール予約:ticket@theater-seven.com
メールタイトルを「東京電撃映画祭 番外大阪編」とし、
① お名前(ふりがな)②電話番号 ③メールアドレス ④人数を明記

八ッ橋さい子

2015年にAVデビュー。芸名のさい子は「psycho」「最高」が由来。Gカップバストと知性あふれるキャラクターを活かして多数の映像作品に出演、人気を博している。プライベートはインドア派。近年はピンク映画や舞台作品など女優としての活動が増えつつあり、多方面での活躍が期待されている。
https://twitter.com/saiko8284

 

次回の更新もお楽しみに!

「VシネマでGO!」
バックナンバーはコチラ

 
 

人気記事

バナナマン・日村勇紀、16歳の少女との淫行の決定的証拠写真を掴んだ!
少年野球の監督が小学生に鉄拳制裁 現場で撮影された「ひどすぎる体罰動画」
7千円と言われ5人で入店、90分で68万請求「まさか被害に遭うなんて……」
ミニPS登場!“プレイステーション クラシック”が12月3日発売決定! 『FFVII』『R4』などPSの名作20本を収録
千原せいじ 吉澤容疑者ひき逃げ映像に怒り「けがの程度で罪が変わるのはおかしい」

連載記事

VシネマでGO!
八ッ橋さい子 独占インタビュー

2018.08.06更新

八ッ橋さい子 独占インタビュー

最新Vシネマ作品をピックアップしてご紹介する好評連載企画!今回は特別版として、リリース未定の友松直之...

VシネマでGO!
堀尾実咲 独占インタビュー

2018.07.30更新

堀尾実咲 独占インタビュー

今回は妖艶な若妻の姿が刺激的な話題作『団地妻〜鍵穴の向こう側〜』に出演された堀尾実咲さんにご登場いた...

VシネマでGO!
戸田れい 独占インタビュー

2018.07.02更新

戸田れい 独占インタビュー

今回は見ごたえたっぷりのアクションシーンが楽しめる『監禁潜入捜査官』の主演・戸田れいさんにご登場いた...

VシネマでGO!
三上悠亜 独占インタビュー

2018.06.05更新

三上悠亜 独占インタビュー

今回は人気マンガを実写化、3本立ての大作となった『ネトラセラレ』の主演・三上悠亜さんにご登場いただき...

黒田運送(夜)
渋谷ドメーヌ・ド・ラ・コリーヌ【後編】

2018.04.30更新

渋谷ドメーヌ・ド・ラ・コリーヌ【後編】

俳優・黒田勇樹さんと巡るおとなの遊び場探訪記『黒田運送(夜)』。今回は渋谷の大人気ガールズワインバー...

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
pagetop